森岡浩之「突変」感想(ネタバレ有り)

突変 (徳間文庫)作者: 森岡浩之出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2014/09/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 関東某県酒河市一帯がいきなり異世界に転移(突変)。ここ裏地球は、危険な異源生物(チェンジリング)が蔓延る世界。妻の末期癌を…

javaScriptとノーブレークスペースについてあれこれ

ノーブレークスペースについて ノーブレークスペースってなんぞやというと、Web系の人にとってはお馴染みなはずの実体参照" "で表示される空白文字です。Unicode符号は0x00A0。 通常の半角スペース文字は0x0020なので、見た目は同じ空白文字でも実態は…

「エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実」感想

エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)作者: アニー・ジェイコブセン,田口俊樹出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2012/04/05メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 52回この商品を含むブログ (13件) を見る 「NYタイム…

遠藤周作「ブラック大名家に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」………じゃなくて「反逆」感想

反逆(上) (講談社文庫)作者: 遠藤周作出版社/メーカー: 講談社発売日: 1991/11/05メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (10件) を見る 1度でもいい。上さまの……あの顔に……怯えの影を見たい――己れの力に寸分の疑いをもたぬ信長の自信、神をも畏…

「よーく考えよ~実験ノートは大事だよー」ってミリカンさんが言ってた

一連の研究不正事件で参照されることの多い「背信の科学者たち」ですが、復刊が決定したようです。背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?作者: ウイリアム・ブロード,ニコラス・ウェイド,牧野賢治出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/06/20メデ…

「Xenonauts」プレイ感想(序盤)

対異星人侵略ゲームとしてDOS時代に(極一部の界隈で)一世を風靡したX-COMというゲームがありました。このX-COMの楽しさを現代向けにアップデートしたXCOM Enemy Unknownが2012年末にリリースされ、ストラテジーゲームとして非常に高い評価を受けています。…

能澤 徹「コンピュータの発明」感想

コンピュータの発明作者: 能澤徹,能沢徹出版社/メーカー: テクノレヴュー発売日: 2003/12/06メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る 誰しも一度は耳にしたことのある「ABC」や「ENIAC」といった歴史的コンピュータ。本書…

Command: Modern Air/Naval Operationsリプレイ 「South China Clash」シナリオ(2)

前回(手持ち戦力についての説明)はこちらCommand: Modern Air/Naval Operationsリプレイ 「South China Clash」シナリオ(1) - ka-ka_xyzの日記 訳語について このシナリオでは、"China Coast Guard(CCG)"が中国海軍(People's Liberation Army Navy(PLAN)…

JmxHeapWatchDogで出来ること

前回の続き。ka-ka-xyz/JmxHeapWatchDog · GitHubJmxHeapWatchDogでどんな設定を行えば良いのか、どんなことが出来るのか、サンプル的にまとめ。サンプルとして、JmxHeapWatchDogのJavaVM自体を監視してみる。 1. JmxHeapWatchDogのインストール GitHubから…

Jmxで取得したJavaVMメモリ使用状況をcsvに出力するWindowsサービス(中の人はJava)を書いた

前回の続き。ka-ka-xyz/JmxHeapWatchDog · GitHub Windowsサービスとして常駐してcsvファイルへひたすらJvmの使用状況を書き込んでいく。まあ、家で仕事後の僅かな時間を使いつつ一週間程度の突貫工事で書き上げたんで(今のところ)品質はお察し状態。バイ…

JmxでリモートJVMからMxBeanを取得するサンプル

追記 2014-03-30 取り敢えず作ってみた。 Jmxで取得したJavaVMメモリ使用状況をcsvに出力するWindowsサービス(中の人はJava)を書いた - ka-ka_xyzの日記 最近PHPの泥沼(いやPHPをDisっているわけではなく、PHPで書かれたレガシーコードが激しく腐海と言う…

ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のサイトで公開されているSTAP細胞作成プロトコルについて雑感

追記1: 2014/3/21 https://research.bwhanesthesia.org/research-groups/cterm からのリンクを確認。件の手順書がバカンティラボによるものと確認しました。「名無し手順書」と表記していましたが、「ヴァカンティ版手順書」と変更します。追記2: 2014/3/22 …

理研の「研究論文(STAP細胞)の疑義に関する調査中間報告」感想

追記1: 2014/03/16ブコメにて id:macgyer 小保方さんはもしかすると「対立遺伝子排除」という概念を知らず、わざわざストーリーに合うデータを間違えたデータに改竄したのかも。 との指摘がありましたが、重要性に気付かずにスルーしてました。申し訳ありま…

ちょっと頭を冷やした状態で改めて改めてSTAP細胞について(結論:よく分からん)

正直、前回は何か頭に血が登った状態で勢いで書いてしまった気がする。反省。 で、頭を冷やして改めてまとめてみます。 追記: 2014/03/09 この内容は専門家のレビューとか経ている訳ではないし、枝葉の部分はばっさり切ってるし、あくまで論文序盤(Fig. 1~…

「STAP細胞 TCR再構成は無かった」という話の衝撃

2014/03/08 うーん、やはり先走り過ぎてると思ったので ちょっと頭を冷やした状態で改めて改めてSTAP細胞について(結論:よく分からん) - ka-ka_xyzの日記 を書きました。今のところ、よく分からんというのが実感。 STAP細胞の件については以前「専門家の…

Command: Modern Air/Naval Operationsリプレイ 「South China Clash」シナリオ(1)

現代海空戦戦術級シミュレーションとして一部で盛り上がっているらしいCommand: Modern Air/Naval Operations(以下、CMANO)のリプレイ。 「South China Clash」シナリオについて シナリオの想定時点は2015年。スカボロー礁をめぐるフィリピン海軍と中国沿…

再現可能性の話と捏造の話は切り分けようず

人を疑うのは犯罪であろうか | ブログ運営のためのブログ運営 STAP細胞が本当ならノーベル賞に値するのだが、今のところ、再現したという報告がないため、怪しいという話が出始めている。 これに関しては小保方晴子の側に証明する義務があり、それが出来なけ…

取り敢えず研究者以外の人はもうちょい落ち着いたほうが良い理由

この辺の話についての感想。研究者が沈黙する理由 - むしブロ 一部まとめサイト等で、「捏造」っていうキーワードがひとり歩きしそうだったのでもまいらもちつけエントリを書いてみる。 自分の立ち位置について こういう方面について書くと、現役研究者なり…

論文の査読って何だ(研究者以外の人向け)

このへんの話。Open ブログ: ◆ STAP細胞の掲載拒否は妥当だったか? 何か論点がどんどん拡散していってる(査読システムにより掲載が遅れた話に、理研で独自の論文誌を持つべきって話と商業ジャーナル高すぎ搾取問題についての話等がどんどん追加されていっ…

趣味系ミリタリと萌えの結合に対する居心地の悪さについて考えをまとめてみた

@KOMA_MUGEN ミリタリから切り離した文脈での萌え系については特に抵抗感はなくて、戦史ミリ系に興味を持つ人が増えたり商品売れたりで趣味系ミリタリ業界全体としてもプラスだとは思うけれど・・・ でもやっぱ心情的に萌とミリタリの結合には拒否感を持って…

C85冬コミ戦果報告

THE Aerospace Engine Reeview Vol. 3 Project Rover/NERVA 1st Edition アメリカで行われていた熱核ロケット開発計画全般(Rover計画)および、実用熱核ロケット開発計画(NERVA計画) についての本。 たまたま読み直してたニーヴン「待ちぼうけ」(無常の…

「Command Modern Air/Naval Operations (CMANO)」が熱い

かつて(極一部で)一世を風靡したPCゲーム版Harpoonの正統後継者に相応しい現代空海戦シミュレーション・ストラテジーゲームが遂に登場! 特徴 まだそこまでやり込んでいませんが、初代HarpoonとHarpoon2/3を融合したような感じです。初代Harpoon系っぽい操…

反「冷たい方程式」としての映画「ゼロ・グラビティ」

映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト見に行ってきたので感想。いやー面白い面白い。徹底した無重力表現とか、作用反作用の法則の見せ方とか、真空暴露した皮膚の表現とか面白いなー。まあ、ガチガチに設定にこだわってるわけでもなくて、細かい部分…

ロボットベンチャー「SCHAFT」設立理由について調べてみた(結論:裏付けは取れなかった)

SCHAFTって、東大がDARPA主催のコンテストへの参加を渋ったのでベンチャー化したらしい(「軍事研究」誌、2014年1月号)けど、googleに買収されたりとか色々凄いことになってるな。 / “災害救助ロボコン、日本が初日首位…” URL2013-12-21 16:27:11 via Haten…

松井 孝典「スリランカの赤い雨」感想(続き)

松井 孝典「スリランカの赤い雨」感想(正直お勧め出来ない) - ka-ka_xyzの日記の続き。前回、「赤い雨」に含まれる細胞っぽい見た目の微小物が生物なのかどうか調べる努力ぐらいしろ(あるいは、そういう研究がされてるなら紹介しろ)と書きましたが、ケー…

松井 孝典「スリランカの赤い雨」感想(正直お勧め出来ない)

『スリランカの赤い雨』地球外生命の発見??? – HONZ を読んで興味を持ったので買ってみた。いやhonzの感想文は今となってはほぼ勇み足ということで決着がついてるヒ素細菌(GFAJ-1)に言及してたりとか色々怪しげではありますが、それもまあ暇つぶしに良…

ルトワック「自滅する中国」感想

自滅する中国作者: エドワード・ルトワック,奥山真司出版社/メーカー: 芙蓉書房出版発売日: 2013/07/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る うーん。面白い本なんだけど、読んでる最中に「コレ、俺が知ってる東アジアじゃな…

「 劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」感想(ネタバレ有り)

まあ、アレだけ綺麗に完結させたTVシリーズ版の続編として、蛇足に成らずにきちんと新しい展開を示せたというのはやはり凄いかな。以下、ネタバレにつき改行。

池田 徳真「日の丸アワー ― 対米謀略放送物語」感想

日の丸アワー―対米謀略放送物語 (1979年) (中公新書)作者: 池田徳真出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1979/07メディア: 新書 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を見る第二次大戦中、米英の反戦・厭戦気分を盛り上げるために、陸軍参謀本部により…

邦 正美「ベルリン戦争」感想

邦 正美「ベルリン戦争」を久々に読み返したので感想。ベルリン戦争 (朝日選書)作者: 邦正美出版社/メーカー: 朝日新聞発売日: 1993/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る著者の邦氏(2007年に死去)は舞踊家として…