読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックウッド「秘書奇譚」感想

読書

秘書綺譚: ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)

秘書綺譚: ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: アルジャーノンブラックウッド,Algernon Henry Blackwood,南條竹則
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/01/12
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 28回
  • この商品を含むブログ (19件) を見る

創元の怪奇小説傑作集に収録された「秘書奇譚」は流石に訳が古過ぎるので(いや味があってこれはこれで良いと思うけど)購入。ブラックウッド自身をモデルとしたと思われる「ジム・ショートハウス」が主人公の短編群を中心とした短篇集です。「心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿 (創元推理文庫)」の様にシリーズといえるほどの共通設定が有るわけでは無く、個別の独立した短編として楽しめます。
それにしても、ブラックウッドの短篇集が復刊されるとしたら創元あたりじゃ無いかと思っていたのですが、光人社古典新訳文庫は何故か異様に元気が良いな・・・。