読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「金持ちは税率70%でもいいVSみんな10%課税がいい」感想

金持ちは税率70%でもいいVSみんな10%課税がいい: 1時間でわかる格差社会の増税論

金持ちは税率70%でもいいVSみんな10%課税がいい: 1時間でわかる格差社会の増税論

金持ちからもっと税金をとるべきか。

この、現代社会のきわめて重要なテーマについて、
4人の知性が激論を交わします。

クルーグマンとパパンドレウは、金持ち増税に賛成。

・スーパーリッチの税負担をちょっと増やしても経済に悪影響はない。
・平等な社会のほうがいろいろな面で望ましい、

というのがその根拠です。

一方のギングリッチとラッファーは、金持ち増税に反対。

・がんばって成功した人からむしりとってそうでない人に渡すような社会でいいのか。
増税しても、金持ちは賢い弁護士をやとって抜け道を探し出す。
増税の前に、政府を改革して効率化するべきだ、

というのがその根拠です。

税の問題は、つきつめれば、誰からとって誰に与えるか、という問題になります。
その問題を考えるときの主要な論点を網羅した本です。

この手のディベート本は初めて読むけど、「朝まで生テレビ」的なgdgdに陥らずに議論できてるってだけでもう羨望モンですよ。
で、争点な累進課税について。日本でも所得税最高税率は80年代中盤まで70%以上( 所得税 - Wikipedia )だったんですが、この辺は米国も同様に昔は結構最高税率が高かったという話が出てて意外。まあ、そういう制度が妥当かどうかという点はともかくとして、それでも社会は回る(むしろ日本でも米国でも結構景気がいい時代には最高税率が高い)という所は面白い。


あと、この本の笑いどころ。元米下院議長のニュート・ギングリッチ氏が「累進課税なんか止めて公平に課税しようぜ派」として熱弁をふるっているのですが。

[ギングリッチ] (前略。「金持ちからもっと税金を取るべきか?」という質問に対して)ビル・ゲイツの財産を没収すべきなのか?結局のところ、何十億も持っている必要は無い訳で。
 
[グリーン(インタビュアー)] そんな簡単な話ですか?
 
[ギングリッチ] 政府がやるのはそういうことですよ。政府は奪うんです。政府は権力であって、慈善団体では有りません。「僕等に手を貸してくれたらうれしいんだけど」なんて政府は言わないわけです。(後略)

すげーよ。元下院議長で大統領選候補にもなったガチな政治家が、

「政府は奪うんです。」

発言ですよ。もしホントにそう思ってるんなら政治家になって泥棒の片棒を担ぐなんてことやらずに「アメリカリバタリアン革命軍」でも作ってゲリラ活動するべきでは?
(まあ、「行政府と立法府は違う。行政府の専横を抑えるのが立法府なのだ」って理屈かもしれないけど、「奪った」お金の分配方法について議論する場の元責任者がそういうこと言ってもな~)