読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いま集合的無意識を、」感想

読書

いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)

いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)

30年以上SFを書いてきたぼくは、第一線をはなれたような気分になっていた・・・・・・
ベテラン作家が、伊藤計劃『ハーモニー』と3・11後のフィクションの可能性を考察する表題作、
深井零がパーソナルなコンピュータを追い求めた記憶を 語る《戦闘妖精・雪風》シリーズのスピンオフ「ぼくの、マシン」、
多世界解釈を巡る異色スペースオペラ「かくも無数の悲鳴」など、
変遷し続けるコミュニケーションの様相を切り取った全6篇を収録


いつもの神林長平ワールドではあるものの・・・・何というか、ここ十〜二十年ぐらいの日本SFについて何も知らない人がこの本を手にとったとして、面白く読めるかどうかというと・・・・。どうなんだろうなあ。
こういうハイコンテキストな作りはどうも好きじゃない。いや神林長平作品は好きだけど。

巻末の飛浩隆による(未完に終わった)伊藤計劃『ハーモニー』評の下記のくだりが印象的。

かつて文学は、リッチなスタンドアロンたる「人間」を描くものだった。しかし伊藤計劃の『ハーモニー』以後、この見解は少なからず修正を迫られるだろう。この作品で、演算能力とアプリケーションとストレージの大半をクラウドに明け渡した「シン・クライアントとしてのヒト」が描かれてしまったからには。