読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「NOVA4」

読書

大森望氏編集のアンソロジー第四弾。

以下、気になった作品についてコメント

北野勇作平常運転。逃げ出すのを躊躇する前提条件が全て崩れたあとでもシャッターをぶち割って脱出するという選択肢が出てこないところが怖い。

ヒラコーさんの「ドリフターズ」を思い出したが、だいたい合ってる気がしないでもない。

"脱力系考古学SF"。収録作の中で一番面白かったかも。なんというか、真正面から書けばベンフォード「夜の大海の中で (ハヤカワ文庫SF)」に出てきたある設定を思わせるハードSFに成りそうな・・・・。

  • 警視庁吸血鬼犯罪捜査班 林譲治

同じネタとしてはニューマン「ドラキュラ紀元 (創元推理文庫)」とかを初めとしていろいろとありそうだけれど、連作長編化したら案外大化けするかも。

  • バットランド 山田正紀

正直、この人の大ハッタリにはいつも説明不足感を感じるんだけれど、今回はかなり楽しめた。まあ、こんな話に乗る刑務所所長とか居たら脱獄犯が続出するだろとか突っ込みはあるけどパワーとドライブ感で押し切られた。

全体的に満足。