読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゼロ年代SF100チェッカー」で早速チェック

雑記

「ゼロ年代SF100」(大森望選)を元にした既読率チェックページが出来ていたので、早速試してみた。

ゼロ年代SF100チェッカー

結果は100作品中、既読が37作品。11/28の昼時点での順位は541人中76位。・・・うーん。一応自称SF者としてはあんまり宜しくないと見るべきか、平均既読数(20.11作品)と比べれば高いと見るべきか。以下、現時点(11/28の昼頃)での集計結果について感想。

  • トップは伊藤計劃虐殺器官」。流石は国内ゼロ年代SF代表。
  • トップ20の内、14作がハヤカワ系。何のかんの言ってハヤカワ強い。
  • トップ20の内、海外作家はイーガンとチャンのみ(4作)。90年代と比較するとやはり隔世の感。あの頃だと、多分トップ20の半分ぐらいは海外勢が占めていたと思う。というかラノベ系レーベルがガン無視されてる可能性もあったような。
  • そういや5年以上SFM買ってないけど、オールタイムベスト投票とか最近はどうなってるんだろうか。
  • 関係ないが、1990年版の「SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF)」で、紹介されてた本の中に結構な割合で絶版本(当時の時点で)が入ってたことを思い出した。どのへんが”初心者向け”企画なんだと思った記憶が・・・